宇宙を極める
- 宇宙システムの革新 -
東京工業大学 工学院 機械系 松永・中条研究室
Laboratory for Space System
ABOUT
宇宙に遊ぶ、魅惑のシステム開発
本研究室では、宇宙を活動の場として新しい発想を実現することで社会に貢献することを活動理念とし、アイデアを造り、育て、宇宙で実証を行う実践的な研究を実施している。 成功裏に達成するためには、専門分野に関する強固な基礎力、柔軟かつ冷静な判断力、そして諦めない熱いこころが必要である。

現在の主要ターゲットは、「超小型衛星システム」である。 特に、システム再構成、可変形状機能に注目し「進化型・可変形状・再構成宇宙システム」を主要な研究対象とする。 将来的には、地球周回軌道、月、ラグランジュ点、惑星軌道などにおいて、単体宇宙機はもちろんのこと、 多数の宇宙機によるフォーメーションフライトミッション、組立再構成する大規模宇宙プラットフォームが要請されよう。 数十、数百、数千機のシステムが結合され、状況に応じて再構成し目的に特化して稼働するシステムが必要になると想像する。
PROJECT
世界初CubeSatから世界最高性能の超小型衛星・宇宙機の実現へ
satellite
可変形状姿勢制御実証衛星ひばり
2021年
satellite
地球・天体観測実証衛星TSUBAME
2014年
satellite
Cute-1.7 + APD II
2008年
satellite
Cute-1.7 + APD
2006年
satellite
CUTE-I
2003年
satellite
DLAS
2019年
satellite
超小型衛星用分離機構実証システム
2005年
satellite
CanSat Project -ARLISS
1999年~
satellite
衛星設計コンテスト
1993年~
RESEARCH
地球周回における可変形状宇宙システム・スマート宇宙機器システムの実用化研究
satellite

形状変化に伴い発生する内力トルク、外力・外力トルクを用いた迅速・大角度の姿勢制御の実現

satellite

高速姿勢制御や大気抵抗・太陽輻射圧による軌道制御・編隊飛行を目指すスマート宇宙システムの検討

satellite

多機能・高性能・複雑化やテーラーメイド即応・汎用化といった、スマート可変宇宙システムの応用展開

satellite

機械学習AIの画像識別を用いた3軸姿勢検出による絶対姿勢決定、および画像特徴点の時間変化と並進移動情報を用いた姿勢変化検出による相対姿勢決定の実施・評価

深宇宙における探査ミッション・アストロダイナミクス
satellite

超小型ソーラーセイルによるラグランジュ点を利用した深宇宙ミッション

satellite

可変形状ソーラーセイルの推進剤フリーな軌道・姿勢同時制御

satellite

月近傍におけるソーラーセイルの軌道解析

satellite

トランスフォーマーの軌道・姿勢制御

その他過去の研究はこちら
博士論文一覧
NEWS
2021/11/9
当研究室を中心に開発された超小型人工衛星ひばりが、2021年11月9日9時55分16秒(日本標準時)イプシロン5号機により打ち上げられました。
2021/11/9
当研究室を中心に開発された超小型人工衛星ひばりのwebページが公開されました。
2021/10/04
東工大ニュース「令和3年度 戦略的創造研究推進事業ERATOに採択」がリリースされました。
2021/09/29
東工大ニュース「産学連携でつくるオーロラ観測用紫外線カメラ打ち上げへ」がリリースされました。
2021/09/29
東工大ニュース「可変形状姿勢制御実証衛星「ひばり」を開発」がリリースされました。
2021/04/27
革新的衛星技術実証2号機に採択された超小型衛星ひばりに関するインタビュー記事が公開されました。
2021/04/20
Webサイトをリニューアルしました。
2021/04/08
中条俊大先生がテニュアトラック助教に昇任されました。
2021/03/31
中条俊大助教が東工大工学院において共通経費による顕彰及び研究助成若手奨励賞を受賞されました。
2021/03/29
第5回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)を3月29日に遠隔開催しました。
2020/11/20
第4回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)を11月13日に遠隔開催しました。
2020/07/13
東工大ニュース「産学連携のチームによる陸・海観測超小型衛星プロジェクト」がリリースされました。
2020/05/29
産学連携のチームによる陸・海観測超小型衛星プロジェクト「超低コスト高精度姿勢制御バスによるマルチスペクトル海洋観測技術の実証」(うみつばめ衛星)がJAXA革新的衛星技術実証3号機に採択されました。
2020/03/06
第3回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)を遠隔開催しました。
2020/03/04
中条俊大助教が日本航空宇宙学会第63回宇宙科学技術連合講演会で若手奨励賞を受賞されました。
2019/09/27
第2回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)を開催しました。
2019/04/01
中条俊大先生が当研究室の助教に着任されました。
2019/03/26
東工大ニュース「超小型人工衛星で宇宙産業を切り拓く」がリリースされました。
2019/01/22
第1回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)を開催しました。
2018/12/14
webサイト「スマート宇宙機器・システムの研究開発拠点」が公開されました。
2018/12/12
「超小型衛星による可変形状機能を用いた姿勢制御の軌道上実証」(ひばり衛星)がJAXA革新的衛星技術実証2号機に採択されました。
2014/11/13
東工大ウェブページにTSUBAME打ち上げ・運用に関する記事が掲載されました。
2014/11/06
当研究室が中心に開発した超小型衛星TSUBAMEが打ち上がりました。
2014/11/04
TSUBAMEを共同開発していた理学河合研のTSUBAMEホームページが公開されました。
2014/11/01
TSUBAME運用ブログを開設しました。
2014/10/21
東工大ウェブページに当研究室で開発した超小型衛星TSUBAMEの記事が掲載されました。
大学院入試のためのweb説明会のお知らせ
大学院入試に関連して,研究室の説明を希望する学生のためにweb説明会を開催します. 希望者は下記応募フォームで必要事項を記入して送信ください.
開催日時
締め切り
開催時刻の1時間前
応募フォームはこちら
MEMBER
教員
教授
松永 三郎
Matunaga.Saburo [at] mes.titech.ac.jp
助教
中条 俊大
chujo.t.aa [at] m.titech.ac.jp
研究員
宮本 清菜
秘書
藤澤 まり
博士課程
竹尾 洋介
西 顕太郎
渡邉 奎
喜多村 章悟
修士課程
木田 英明
佐藤 宗一
天木 祐希
笹川 悠太
根路銘 省伍
学士課程
伊藤 文信
小林 大輝
三木 晴太
安田 萌恵
大坪 恵人
CONTACT
Welcome to Space !
松永研究室では、衛星プロジェクトに参加してくれる方を募集しています。 最後までやりぬく気持ちさえあれば,どなたでも大歓迎です。前提知識はいりません。 興味のある方は、下記アドレスまで問い合わせください([at]は@に変換してください)。 本物の衛星開発に携わることができます。
info [at] lss.mes.titech.ac.jp
〒152-8552 東京都目黒区大岡山 2-12-1 石川台1号館5階554室
東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 松永研究室
# 554, Ishikawadai 1st Bldg., 2-12-1, Ookayama, Meguro, Tokyo, 152-8552, Japan
SUPPORT
大学・研究機関
東京工業大学
東京工業大学 工学院 機械系
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)
研究室
東京工業大学 理学院 物理学系 河合・谷津研究室
東京工業大学 工学院 機械系 中西研究室
東京工業大学 工学院 機械系 大熊・坂本研究室
東京大学 中須賀研究室
日本大学 宮崎研究室
東京理科大学 木村研究室
学会
日本機械学会(JSME)
日本機械学会 - 宇宙工学部門(JSME-SED)
日本航空宇宙学会(JSASS)
米国航空宇宙学会(AIAA)
Small Satellite Conference
その他
スマート宇宙機器・システムの研究開発拠点
宇宙開発フォーラム実行委員会(SDF)
CubeSat物語(UNISEC)