2008年5月27日

Result of 2008/5/27 AM Passes @ TokyoTech

午前2回のパスの結果をお知らせします.

1パス目では姿勢系データの取得を行い,5206~5388秒分のデータの取得に成功しました.

2パス目ではAPDデータの取得を行ましたが、電波状態が悪く、東工大局ではデータは全く取得できませんでした.
ただ,JH0JMA局のご協力により,50パケット程度のデータを取得することができました.

午後も引き続き,APDデータと姿勢系データの取得を行いたいと思います.


現在集中的にダウンリンクしておりますのは,
・搭載コンピュータであるPDAに格納されている姿勢系データ
・FRAMに格納されている理学観測機器APDの観測データ
の2種類です.

後者のAPDデータですが,
こちらは通信系のFRAMより読み出してダウンリンクしており,
基本的な枠組みは下記の通りになっております.
http://lss.mes.titech.ac.jp/ssp/cute1.7/fm_mode_fram_read.html

APDのデータは16秒分の観測データをヘッダ(0x03)1バイト + データ8バイトの
フォーマットでFRAMに保存しており,
これを現在1パケットで4回(=36バイト)分ダウンリンクしております.
したがって,全体のパケット長は40バイトとなっております.

たとえば,下記のようなパケットの場合,
4A-51-31-59-54-43-3E-4A-51-31-59-43-5A-3A-C0-49-48-24-03-AC-2F-30-80-B9-00-82-70-03-…

4A-51-31-59-54-43-3E-4A-51-31-59-43-5A-3A : ヘッダ(JQ1YTC>JQ1YCZ)
C0 : FRAM Packet ID (固定)
49-48 : FRAM読み出し開始アドレス(0x4948 = 18760番地)
24 : FRAM読み出しサイズ(0x24 = 36バイト)
03 : APDデータヘッダ
AC-2F : 通信系システム時刻(4バイト)のうち下位2バイト(秒)
30 :
  APDステータス: 稼働中
  高電圧状態 : 計算値通りに印加中
  温度補正機能 : 有効
  データモード : カウンタ値有効
  稼働検出器  : APD A
  APDゲイン  : ゲイン30
  検出器閾値  : 219mV
80: 温度
  0x80 = 128 -> (128/255)*91.712-48.569 = -2.5 [degC]
B9 : High Voltage
  0xB9 = 185 -> (185/255)*396.5 = 288 [V]
00-82-70 : Counter
0x8270 = 33392 -> 33392 * 20 = 33392
03 : APDデータヘッダ

・・・・・・と続きます.

情報公開が後手に回ってしまっておりますことを
アマチュア無線家の皆様にお詫び申し上げます.

今後ともどうぞよろしくお願いいたします.

We'd like to report the results of twice passes in this morning.

At first pass, We tried to take attitude sensor data
and we succeeded in the acquisition of the data(4682~4978sec) .

At second pass, We tried to get APD data.
But, we had no acquisition of the packet data,
because the environment of radio was not so good.
Thanks to a cooperation of JH0JMA, we could get about 50 packets.

We will try to get attitude sensor and APD data again in this evening.

Next Passes of the "OBJECT-C" @ Tokyo Tech :
Tue 27 May 2008 (UTC+9) 19:52:47 19:58:48 20:04:51 00:12:04 136 069 002 24.1
Tue 27 May 2008 (UTC+9) 21:28:43 21:34:52 21:41:04 00:12:21 194 263 333 25.5

投稿者 weblogadmin : 2008年5月27日 12:33