2007年08月31日

写真撮影

8月も今日で終わりです。夕方になると涼しい風が吹いて秋の訪れを感じさせます。
今日はソリタンを塗り終えたので、記録用に衛星コンポーネントの写真撮影をしています。

August is ending today. In the evening, with cool wind, we can feel fall is coming soon.
After finishing coating circuits with solithane, we are now taking picture of satellite components.

20070831_1.jpg

投稿者 weblogadmin : 19:10

2007年08月29日

シッピング延期

衛星は8月末に東工大からトロント大に輸送される予定でしたが、打ち上げ時期変更に伴いシッピングは延期となりました。現在のところ、シッピングは10月半ばを予定しています。8月末のシッピングに向けて緊張の作業が続いていましたので、急な延期で少々がっかりしておりますが、延期によって改良が可能になった機能もありますので、前向きに作業を進めて行く予定です。

Shipping of our satellite from Tokyo Tech. to Univ. of Tronto has been postponed. The date has been changed from end of August to middle of October. As we were intensively working for the original date, we were depressed a little. However, the delay also let us improve some functions, so we are going to continue to work positively.

20070829.jpg
空の輸送ケース the empty carrying box

投稿者 weblogadmin : 20:45

2007年08月27日

ソリタン塗り

今日は、衛星に搭載する電子基板のフライトモデルに、ソリタンという樹脂を塗って固める作業をしました。電子基板を樹脂で固めることで、ロケット打ち上げ時の振動などで回路上の細かい素子が取れないようにします。

Today, we worked on coating electrical circuit with solithane. solithane is a kind of resin that can help insulation and structual robustness.

20070827.jpg

投稿者 weblogadmin : 16:15

2007年08月24日

アンテナ調整

アンテナを切って、適切な長さにしています。衛星と地上局をつなぐ重要な調整です。

We cut antennas so the length of antenna become appropriate.
It is important adjustment to connect satellite to ground station.

20070824_1.jpg

20070824_2.jpg

投稿者 weblogadmin : 10:32

2007年08月23日

模擬運用試験

実際の衛星運用に近い状態で動作試験をしています。同時に軌道上での衛星状態を想定しながら、運用手順についても議論しています。

functional test simulating actual satellite operation. assuming satellite status on orbit, we are discussing about operation procedure at the same time.

20070823_1.jpg

20070823_2.jpg

20070823_3.jpg

20070823_4.jpg

投稿者 weblogadmin : 00:45

2007年08月15日

SRLL version2.0

Cute-1.7 + APD IIでは、Ax.25に加えてSRLL version2.0(以下、SRLL2.0)での通信を行います。SRLL2.0では、version1.0から以下の点を改良しています。
・パケット長を32バイト、64バイト、96バイトの3通り選択可能。
・コールサインを付加
・NRZIに変換して通信
NRZIに変換するのは、GMSK通信の際の極性反転を許容するためです。これにより1ビットの伝送誤りが、実質2ビットに増加してしまいますが、プロトコルで訂正可能です。
アップリンクは1267.6MHzのGMSK(9600bps)で可能となります。10W送信で、地上アンテナゲインが18dBi程度あると理想的な通信ができます。応答は437.475MHzのGMSK(9600bps)で、SRLLで送信した場合はSRLLで返答されます(Ax.25で送信した場合、Ax.25で返答されます。)
SRLL2.0のプロトコルについて、要望がございましたらコメント欄にお寄せください。

Cute-1.7 + APD II communication system has both Ax.25 protocol and SRLL protocol version 2.0 (SRLL2.0). This version of SRLL is modified from former version in some points described below.
1. Packet length can be chosen from 32, 64, and 96 Bytes.
2. Destination and source call sign are added as strict rule of this protocol.
3. Communicate by NRZI.
This protocol uses NRZI because it can be communicated even if a sign is inverted, which often occurs in GMSK mode. Though NRZI causes error growth that 1 bit communication error becomes 2 bits error, SRLL error correction code resolves this problem.
Whoever uses amateur radio can send uplink messages by 1267.6MHz GMSK (9600bps). Large power and antenna gain such as 10W, 18dBi are required in order to communicate with this satellite smoothly. The satellite will reply by 437.475MHz GMSK (9600bps) in SRLL protocol to the uplink by SRLL. (Of course, Ax.25 can be used in reply to the uplink by Ax.25.)
If you have any questions or requests about SRLL2.0, please make comments. Thank you.


SRLL2.jpg

----(2007/9/6 added)
スパムのため、コメントを受け付けなくしてあります。要望につきましては下記メールアドレスまでご連絡下さい。

this blog has been changed not to accept comments because of spam. please send requests to this email address.

webmaster.jpg

投稿者 weblogadmin : 14:51 | コメント (4)

2007年08月13日

磁気試験

8/10~11にかけて、磁気試験を行ってきました。
この磁気試験は、様々な方のご厚意により、成り立っています。
皆様、ありがとうございます。
この写真が、磁気シールドルームです。私は、プラネタリウムに見えてしまうのですが、どうやらそれは私だけのようです。
実験を通して、いろいろなことが分かり、とても為になりました。
とりあえず、磁気トルカは計算通り強化されていることは分かりました!!

We have conducted the magnetic experiment.(8/10/2007 and 8/11/2007)
This experiment owes to many people.
Thank you very much !
This picture shows the Magnetic Shielding Room.
It seems like a planetarium to me...
This experiment gave us many things to help our development of the satellite.

outside.jpginside.jpg

投稿者 weblogadmin : 19:04

2007年08月10日

太陽電池パネル仮組

太陽電池を構体パネルに貼り終ったので、試しに組み上げてみました。
この衛星は全部で33枚の太陽電池セルを使っています。

Solar panels was assembled into the flight model temporary.
Our satelite uses 33 solar cells to generate electric power in orbit.

Cute.jpg

投稿者 gsadmin : 23:38

2007年08月07日

衛星局落成検査

衛星局JQ1YTCの落成検査が実施されました。無事に終了し、測定項目はすべて合格となり一安心です。フライトモデルは仮組状態です。太陽電池付きの外壁は大事に保管してありますので、予備の板が取り付けてあります。

we had the inspection of our satellite's radio with call sign JQ1YTC. our satellite passed the test and we were relieved :). FM is now temporarily assembled except solar cell panels, keeping the panels for safe. instead, backup plates are attached to the satellite.

20070807_1.jpg

20070807_2.jpg

投稿者 weblogadmin : 18:45

2007年08月03日

落成検査前試験

衛星の落成検査前の準備として、電波の周波数・電力・占有周波数帯幅・スプリアスレベルの計測を実施しました。無線局免許状が交付されるには落成検査にパスしなければなりません。

we measured the frequency, power, occupied bandwidth, and purious level of the radio, preparing for an inspection by Bureau of Telecommunications. The inspection must be passed to have radio license.

20070803.jpg

投稿者 weblogadmin : 19:47

2007年08月01日

Ground Station

打ち上がった衛星は,この地上局から運用が行われます.4台の無線機と4台のTNC-555を始めとする周辺機器に加え,4台のLinuxサーバから成り立っています.

On-orbit satellite is operated from this ground station. Our ground station is consists of 4 Linux servers, 4 transcievers and its peripheral devices (4 TNC-555s etc).


Command Uplink (144MHz):Vertex Standard FT-736MX & 2-Stack Crossed Yagi Antenna
Beacon Downlink (437.275MHz):Vertex Standard FT-847 & Helical Antenna
Packet Downlink (437.475MHz):Vertex Standard FT-847 & 4-Stack Crossed Yagi Antenna
Service Uplink (1267.6MHz):ICOM IC-910D & 32ele Loop Antenna


GroundStation.jpg

投稿者 weblogadmin : 09:40