2007年7月31日

CWビーコン

同軸ケーブルを介して衛星ビーコンを受信しました。衛星のビーコンは内部機器のON/OFF状態・電圧・温度などをモールス信号にして送信しています。

recieved beacon from the satellite through coaxial cable. the beacon transmits satellites status including ON/OFF status, voltage and temperature in morse code.

投稿者 weblogadmin : 14:23

2007年7月29日

フライトモデル仮組み開始

各機器の動作試験が終わり、宇宙へ上がる予定のフライトモデルの仮組みが始まりました。
明日には組み上がる予定です。

来週からは、組み上がった状態での動作試験を行います。

Component test of the fligh model is finished.
We are buildling components into the structure.

Integrated test is scheduled for next week.

20070728_1.jpg

20070728_2.jpg


投稿者 gsadmin : 04:35

2007年7月27日

カメラ機能テスト

振動試験後のテストにて、カメラの機能確認をしました。最初の写真は衛星から撮影したもので、衛星の下に敷いてあるシートが写っています。2番目の矢印で示してある部分です。3番目の写真は以前機能確認モデルを使って撮影したもので、最大640×512pixelの写真が撮影できます。梅雨入り前の東京の青空が見えます。

checking camera function after the vibration test. the first picture was taken by the satellite, and it shows a sheet under the body, which is shown in the second picture. the third one was taken before, using EM. the satellite can take the size of 640x512pixels at the maximum. we can see a blue sky over tokyo.

20070727_1.jpg

20070727_2.jpg

20070727_4.jpg

投稿者 weblogadmin : 18:23

2007年7月26日

振動試験

昨日と今日の2日間を使って、衛星と分離機構の振動試験を行いました。
今回は、試験的に太陽電池セルを貼った側面プレートを一枚だけ使用しています。

試験を一通り終えて、現在までのところ、特に大きな問題点はありません。
試験後の衛星の分離テストも正常で、その後のアンテナ展開、CW送信もうまくいきました。
太陽電池セルにも損傷はありません。
今後は、PDAの動作確認などしていくことになります。

using two days, we did a vibration test on the satellite and the separation mechanism. one surface of solar cells was attached to the satellite this time.

after the vibration test, satellite was successfully separated, deployed the anntena and started transmitting beacon. No damage was found on the solar cell. we are now inspecting the satellite presicely.

vtest.jpg

投稿者 weblogadmin : 19:16

2007年7月24日

衛星シュミレータ

これが姿勢系で使ってるシュミレータです。
Matlabのsimlinkと衛星をつないで、衛星の動作確認・姿勢決定・制御のシミュレーションを行っています。

姿勢系のプログラムが予期せぬところで止まるなどハプニングも多々ありますが、打ち上げに向けてあらゆる事態を想定したシミュレーションを行っていきたいと思います。

This is a simulater of The Cute-1.7 + APD II.
It connects simulink and satellite for confirmation of satellite motion or simulation of ADCS(Attitude Determination and Control Subsystem) mission.

There is happning, when using this devices. But, for launching of sattelite, only we have to do is to simulte and debug considering all problem in space.

DSCN3505.JPG



DSCN3506.JPG

投稿者 weblogadmin : 00:50

2007年7月23日

磁気トルカ絶縁作業

衛星の姿勢制御に使用する磁気トルカの絶縁をしています。衛星筐体にコイルの導線が接触しないように全体をポリイミドテープで覆います。

insulating magnetic torquers used for attitude control of the satellite. the coil is covered with polyimide tape to avoid contact between wire and satellite structure.

20070723_1.jpg

投稿者 weblogadmin : 16:11

2007年7月20日

プロジェクトウェブログ開始!

この秋打ち上げ予定のCute-1.7+APD IIの完成がいよいよ目前に迫ってまいりました。これまでも紆余曲折ありましたが、現段階で衛星は8月末頃にカナダのトロント大へシッピングされ、そこからインドへと送られる予定です。衛星が研究室を巣立ち宇宙へ羽ばたく日まで、プロジェクトチームは最後の追い込み作業を続けています。このblogでは衛星打ち上げまでの作業風景やプロジェクトの現状などを随時アップしていこうと思います。

実際に打ち上げられるフライトモデルは各パーツ毎に動作確認中ですので、最新のエンジニアリングモデルの写真を掲載します。エンジニアリングモデルはフライトモデルとほぼ同等の機能を持ち、衛星の構造や機器の試験に使用しています。

The Cute-1.7 + APD II satellite planned to be launched this fall is now in the final assembling process. The project schedule had been changed several times, but so far, the satellite will be shipped to University of Toronto in canada in late August, and then to India. Until the day when the satellite leave the nest and fly to space, our project team will keep on working. we are going to update the days and the latest condition of our project on this weblog.

The flight model is now used to check each components, so i post the latest engineering model. The EM has almost same function as FM, and we are using this model to test the structure and equipments.

DSCF5278.jpg

DSCF5279.jpg


投稿者 weblogadmin : 21:19