Environmental Tests
 CUTEの宇宙空間での性能評価をするために,様々な環境試験を実施してきた.主な項目としては以下のような試験・実験を行った.


(1)BBM気球実験
(2)要素温度試験
(3)要素振動試験
(4)要素真空試験
(5)CUTE熱真空試験
(6)CUTE振動試験
(7)CUTE+分離機構振動試験


 宇宙空間でCUTEは極低温になる可能性があるため,特に極低温環境での動作保証が重要となってくる.
 まずBBMを用いた気球実験を行い, 長距離通信試験を行った.(気球実験では-50℃程度まで下がるので通信機の低温試験も兼ねている)
次にEMを開発しつつ各要素別の試験を行い,EMが完成した後に熱真空試験を行い,宇宙空間での熱平衡状態を観測した.その結果を元に 多少の設計変更を行い,FMを開発しCUTE FMに対する振動試験を行った.最終的に放出機構を開発した後に打ち上げ状態を全く同状況(CUTE を放出機構にインテグレート)で振動試験を行った.

 次に熱真空試験と振動試験の結果について示す.


Thermal Vacuum Test        Vibration Test



This page is Japanese virsion English virsion
Copyright(C) 2003 All rights reserved.
Tokyo Institute of Technology    Lab. for Space Systems (LSS)
TITECH CUBESAT PROJECT TEAM
Contact : Hirotaka SAWADA