header

第5回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)の案内

地球観測技術等調査研究委託事業 宇宙航空科学技術推進委託費 宇宙連携拠点構築プログラム 「新宇宙産業を創出するスマート宇宙機器・システムの研究開発拠点」 の行事の一つとして、下記シンポジウム(研究会)を開催します。
是非、皆様に参加いただき、議論、助言をしていただけば幸甚に存じます。


参加希望の方は、令和3年3月24日(水)までに事前に、下記のGoole Formにて申し込んでください。オンライン開催(zoom)の誓約事項がありますので、同時に回答ください。

参加受付用 Goole Form:
申し込みはこちら

連絡先:
0sma0rtspa0ce_info(at)lss.mes.0titech.ac.0jp (5つの0を取り除いてください)
申込締切: 令和3年3月24日(水)

3月27日、事前参加登録者にzoom情報を通知しました。事前登録したのに通知が届かない場合は、上記の連絡先に問い合わせてください。


===
第5回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)

日時:令和3年3月29日(月)終日
開催方式:オンライン会議(Zoom)
配信場所:東工大・石川台3号館304号室


スケジュール(案:予告なく変更する場合があります)


9:30-9:35 主催者挨拶 東工大 松永 三郎

セッション1. スマート宇宙機器システム参画機関による活動報告
司会:東工大 松永 三郎

9:35-9:50 AI応用可視カメラ3軸姿勢決定の軌道上実証成果と今後の展開
東工大 菊谷 侑平、根路銘 省伍、松永 三郎

9:50-10:00 機械学習デバイス評価とSTTの市場展開
天の技 工藤 裕

10:00-10:15 軽量高剛性伸展収納ブーム・アレイの研究開発
東工大 古谷 寛、サカセ 渡邊 秋人

10:15-10:25 超軽量膜展開構造技術の事業展望
サカセ 酒井 良次

10:25-10:35 発電・アンテナ機能を有する軽量膜展開構造物HELIOSの研究開発と軌道上実証計画
JAXA 松下 将典

10:35-10:50 高速通信用展開アンテナの研究開発
テクノソルバ 中村 和行

10:50-11:05 収納展開宇宙構造物の未来
JAXA 宮崎 康行

11:05-11:25 ひばり衛星のエンジニアリングモデルの開発
東工大 宮本 清菜、ひばり開発チーム

11:25-11:35 衛星管制ネットワークの遠隔運用
東工大 中条 俊大

11:35-11:45 宇宙開発と放射線試験
東工大 林崎 規託


11:45-12:50 昼休憩


セッション2. 超小型衛星・ロケット打上活動の国際動向調査
司会:JAXA 宮崎 康行

12:50-14:20 超小型衛星・ロケット打上活動の国際動向の報告
CSP 金岡 充晃


14:20-14:30 休憩


セッション3. 産学連携 うみつばめ衛星プロジェクト
司会:東工大 谷津 陽一

14:30-14:40 衛星シェアリングによる持ち寄りパーティ型産学連携
東工大 谷津 陽一

14:40-14:48 ビジネスになる装置は何か? - LCTF マルチスペクトルカメラ
株式会社ジェネシア 武山 芸英

14:48-14:56 ビジネスになる装置は何か? - CubeSatでハイパー
福井大学 青柳 賢英

14:56-15:04 ビジネスになる装置は何か? - LIBS で惑星探査
東京大学 長 勇一郎

15:05-15:15 衛星システム設計
株式会社アイネット 村田 悠

15:15-15:25 海洋科学
名古屋大学 石坂 丞二

15:25-15:35 魚
株式会社ウミトロン 藤原 謙

15:35-15:50 海色・分光学
横浜国立大学 比嘉 紘士

15:50-16:00 航空・ドローン
株式会社エディックス 水野 宏一

16:00-16:10 画像解析システム
株式会社エム・ソフト 近藤 陽志


16:10-16:25 休憩


セッション4. 地球環境ビジネスとリモートセンシング
司会:JAXA 小澤 悟

16:25-16:50 Fieldology
北海道大学 大崎 満

16:50-17:00 リモートセンシング技術の活用事例
JSS 広瀬 和世

17:00-17:25 コーラルトライアングル・ブルーカーボン生態系保全プロジェクトの紹介とリモートセンシングの役割
東京工業大学 灘岡 和夫

17:25-18:30 意見交換会: 学術・民間ビジネス全体が潤うための具体策 -
実践参加にむけて一歩進むために
司会:東工大 松永 三郎、谷津 陽一