header

本件、先日、中止の連絡をしましたが、 運営側で遠隔開催の可能性を検討した結果、 遠隔開催にて実施することとしました。
当会議の遠隔開催に参加希望の方は、連絡先まで連絡ください。
別途、参加条件を通知します。連絡締め切りは、3月5日の午前中とします。

令和2年3月3日 松永 三郎

===
本日、開催地である東工大より、原則、イベントは中止するように要請されました。
それに従い、本シンポジウムも中止とさせていただきます。
大変残念ですが、ご了承いただけるよう、お願い申し上げます。

令和2年2月29日 松永 三郎

===
新型コロナウイルスの感染拡大に対して、厚生労働省から「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(2月25日(火))が出ており、 その中の4.(1) ③にて、

「③イベント等の開催について、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないが、専門家会議からの見解も踏まえ、 地域や企業に対して、イベント等を主催する際には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討するよう要請する。」

とあります。
これに従い、開催地である東京工業大学の方針も踏まえて、 現在、本会議を開催するかどうかを検討しており、 2月28日を目途に開催是非をお知らせする予定 です。
開催する場合、参加を希望する方は、下記の注意等を十分に留意して、会議に参加するようにお願いします。
なお、情勢によっては急遽中止させていただく場合もあります。
中止となった場合は、本URLにて周知するとともに、参加登録された方にはメールで連絡します。

(参考)
厚生労働省  「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(2月25日(火))

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省 「イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ」

===

第3回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)案内

令和元年度宇宙航空科学技術推進委託費 宇宙連携拠点構築プログラム 「新宇宙産業を創出するスマート宇宙機器・システムの研究開発拠点」 の行事の一つとして、研究協力者や本事業に興味をお持ちの方を対象に下記のシンポジウム(研究会)を開催します。
是非、参加いただき、議論、助言をしていただけば幸甚に存じます。

参加希望の方は下記に、令和2年3月2日(月)までに申し込んでください。

当日参加も受け付けますが、参加者数の把握や懇親会準備のため、できるだけ予め連絡ください。

記載項目:
氏名、所属、連絡先(e-mail)、懇親会参加有無

連絡先:

0sma0rtspa0ce_info(at)lss.mes.0titech.ac.0jp (5つの0を取り除いてください)

申込締切: 令和2年3月2日(月)

===
第3回スマート宇宙機器システムシンポジウム(研究会)
日時:令和2年3月6日(金)午前9時~午後6時45分 (終了後、懇親会)
場所:東工大・大岡山キャンパス・石川台3号館304号室


スケジュール

  9:00-9:05 主催者挨拶 松永三郎(東工大)

セッション1. 超小型科学衛星検討会
        司会:谷津 陽一(東工大)
  9:05-12:00 理学からのバス機器仕様要求は何か。
       そもそも開発に向けて困難なことは何か。 
    9:05-9:15 午前セッションについて趣旨説明 : 谷津(東工大)
    9:15-10:30 国内の超小型観測衛星紹介1
       想定している発表者(1人10分くらい):
       1)名古屋(中澤さん 雷、Parkさん 中性子)
       2)東大(小高さん Coded mask?)
       3)広大(ひろたかさん Camelot?)
       4)金沢(澤野さん Kanazawa0sat)
       5)⻘学 (坂本Tさん ARICA)
    10:30-11:00 国内の超小型観測衛星紹介2
       1)理研(榎戶さん 忍者 + 理研プロジェクト)
       2)東大(五十里さん 光・赤外線・エクレウスL&L)
    11:00-12:00 議論
       1)予算獲得へ向けての議論
       2)RG申請へ向けての議論(機能定義・出口・体制)
       3)お困りごとなど(本当は直接話ができると良かったのですが。。。)
12:00-13:15        昼休憩

セッション2. 新しい宇宙ビジネスへの挑戦
        司会:工藤 裕(天の技)
13:15-13:45 光で繋ぐ衛星と地上 (高速/小型/安全な光衛星通信)
       久保岡 俊宏 (NICT)
13:45-14:15 衛星間光通信ネットワークWarpHub InterSatがもたらす未来
       関 正徳(ワープスペース)
14:15-14:45 ソニー製FD-SOI省電力プロセッサ搭載ボードSPRESENSEの紹介と
      宇宙機器への取組みについて
       太田 義則(ソニーセミコンダクタソリューションズ)
14:45-15:00       休 憩

セッション3. 超小型衛星の国際動向調査
        司会:宮崎康行(日大)
15:00-17:00 超小型衛星の技術動向と資金調達に関する調査報告
       金岡充晃(シー・エス・ピー・ジャパン)
17:00-17:15       休 憩


セッション4. 参加者討論会
        司会:宮下 直己(アクセルスペース)、松永 三郎(東工大)
17:15-18:45 「宇宙の三方よし」:民業(宇宙スタートアップなど)、
       学術(宇宙理工学など)、人類(一般大衆など)の未来への貢献
       を進めるにはどうすればよいのか。

19:00-20:45 懇親会
     ⇒取りやめになりました